塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

夏に外壁塗装を行うときのチェックポイント  l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.08.06 (Thu) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
 
気温と湿度が高く蒸し暑い夏は、養成期間中に窓が開けられない、
エアコンが使えないなど、生活する上での制約も発生するため、
外壁塗装を行うべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか
外壁塗装リフォ-ムには季節との相性が存在し、夏も例外ではありません!
 
 
 
■外壁塗装には施工条件がある            
 
外壁塗装用の塗料には、使用時に必ず守らなければならないル-ルがあります。
このル-ルは、どのような季節や気候条件下でも守らなければなりませんので、
塗料のベストシーズンについて考える前に、しっかりと把握しておきましょう。
 
 
1、雨が降っていないこと
 
梅雨は、一年を通して雨が最も多いため、施工が中断されやすい次期です。
雨が降っている時に外壁塗装が行えない理由は、3つあります。
 
 
●塗料の乾燥が阻害される
 
塗料は、完全に乾かされると水に濡れても溶けることはありませんが、塗装作業中は液状ですので、雨や遺物の混入による影響を大きく受けます。
 
外壁塗装中に雨が降ると、乾いていない塗料が薄まったり流れたりして、どんなに高性能のフッ素樹脂塗料やシリコン塗料を使っても、乾燥後の塗膜の耐久性や見た目が著しく低下してしまいます。
 
●塗面が濡れて塗装が行えない
 
雨水や霧、高圧洗浄後の水分などが、外壁材や屋根材の表面に残った状態で塗装してしまうと、塗料に水分が混ざり、下地にしっかり密着できず、ひび割れやと塗膜剥離などの劣化を引き起こします。
 
●濡れて危険な作業環境になってしまう
 
雨が降った後は、手元や足元が濡れており、特に、金属性の足場が滑りやすくなるため、非常に危険な作業環境になります。もし、足場の高層部や屋根で転倒してしまったら、重大な事故が発生してもおかしくはありません。
 
■おわりに
 
外壁塗装は、いつでも好きなタイミングで行えるものではありません。
 
汚れが気になってきた時や、塗装費用が十分溜まった時、あるいは生活が落ち着いている時期など、
行うタイミングは住宅ごとに様々です。
 
そもため、夏しか外壁塗装を行う時間が取れなくなっても慌てないように。
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら