塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

外壁塗装に劣化症状はありませんか? l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.08.20 (Thu) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
 
建物は、紫外線や雨風の影響を常に受け続けているので、
どんなに気を付けていても、徐々に経年劣化していきます。
 
今回はそんな外壁塗装に生じる主な劣化症状をご紹介したいと思います。
 

外壁塗装に生じる劣化症状

外壁塗装に生じる主な劣化症状として、以下のような症状があります。
 
■塗膜剥離(剥がれ)
■塗膜の膨れ
■ピンホールの発生
■チョーキング現象
■クラックの発生
■カビ・コケ・藻の発生
■サビの発生
■頑固な汚れが付着する
 
これらの劣化症状は、経年劣化によって起こるモノと、
塗装業者の施工不良によって起こるモノがあります。
 
なかでも、「剥離」に関しましては施工不良が原因ですので、
もしも塗膜剥離が起こった場合は、その原因を突き止め早急に対処しなくてはいけません。
 

外壁塗装の役割って??

そもそも外壁塗装の役割というのは、
字のごとく「塗って装う」→「美観の維持や向上」のために行われます。
 
もちろん機能性を持たせ、家の中で快適に過ごせるようにしたり、
塗膜で外壁を覆うことで外的要因から建物を守る、といった役割もありますが、
 
一番の理由としましては、
「外観の美観のため」といえるでしょう
 
ですので、いくら綺麗な色で綺麗な仕上がりになっていても、
塗膜が剥がれてしまえば、たちまち美観は大きく損なわれ、
 
「外壁が剥がれてボロボロだな・・」
「古い家なんだな・・」
 
と、周囲の人からの印象も変わってしまいます。
 
 
せっかく綺麗な色に仕上げた家ですので、
いつまでも気持ちよく過ごしていきたいですよね。
 
上記に記述した外壁塗装の劣化症状以外でも、
暮らしの中でなにか気になることがございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら