塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外壁の浮きや膨れ② l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.08.14 (Fri) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
 
前回は、外壁の浮きや膨れの症状についてお話させていただきました。
 
今回は、なぜ外壁に浮きや膨れの症状が起こるのか、
その原因と補修方法についてお話したいと思います。
 
 
●〇外壁に浮きや膨れが起きる原因〇●
 
 

 
 
①経年劣化


外壁の塗装は、雨や紫外線の影響を日々受けて少しずつすり減っていき、
約10年程度で元々の塗料の性能を発揮できなくなってしまいます。
 
 
②下地の処理が不十分


塗料を塗る前に、下地を高圧洗浄で綺麗に洗浄しますが、
このときに、表面に汚れやカビが残ったまま塗装してしまうと、
カビが成長して塗膜を浮かせる原因となります。
 
 
③下塗り材の不足


外壁と塗膜の密着度合いを決める重要な役割を持つ下塗り材。
下地の傷みが酷いときには、下塗り材を多く吸い込ませるのですが、
その量が足りていなかった場合、塗膜が薄くなり、塗りムラができてしまいます。
 
 
④外壁材と塗料の相性が悪い


材質によって塗料の付き方が異なる為、材質に合った塗料を選定しなければなりません。
 
 
⑤乾燥時間不足


塗料は水や溶剤で薄められた状態で塗り、その後、水や溶剤が蒸発する事で外壁に定着します。
きちんと乾燥時間を取って蒸発させないと、剥がれやすくなってしまうのです。
 
⑥浸水


・湿度の高い日に塗装をした
・外壁のひび割れやシーリングが劣化して雨水が入り込んだ
などの原因により、外壁と塗膜の間に水分が入り込むと、
日光により温められ水蒸気が発生し、塗膜を下から持ち上げ浮き上がらせてしまうのです。
 

 
 
●〇補修方法〇●
 
補修方法は、再塗装しか方法がありません・・・。
 
浮きや膨れが発生している場所だけでなく、その周囲も補修するべきかどうか判断してもらえるので、
ぜひ、専門の業者へご相談くださいね
 
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら