塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

防水層の劣化症状~膨れ~ l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.09.23 (Wed) 更新

 
みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
 
私たちの住まいは、毎日、雨・風・陽射しなど様々な自然条件に耐えています。
 
そんな毎日を快適に心地よく長期間続けるためにも、定期的なメンテナンスが欠かせません。
 
 
今回は、快適な暮らしのために必要な建物の「防水」について。
 
お住まいの防水種類の中でも多く使用されている、「ウレタン塗膜防水」の劣化症状についてお話したいと思います。
 

防水層の膨れ


 
防水層の劣化症状の中に「膨れ」というものがあります。
 
膨れの原因は、雨が降った次の日などに、密着工法での施工をした場合、
下地の乾燥不足と考えられています。
 
また、プライマー(下塗り塗料)塗布不足などの原因によって起こるともいわれています。
 
防水層が膨れてしまった状態で、建物が揺れや伸縮を繰り返すと、
最終的には、膨れた部分が破けてしまうこともあります。
 
【膨れの予防策】

プライマーの必要な塗布量を確認し、必要な分をしっかり塗布する。
下地が乾燥するまで施工をしないこと。

 
「しっかりと乾燥したことを確認した上で施工をする」という事が非常に重要です。
 
防水層に膨れが発生しただけでは、水漏れなどの被害に繋がる可能性は低いです。
 
しかし、膨れから防水層の一部が破損した場合は、
雨水などが侵入するため雨漏りや雨漏りによるサビなどに繋がってしまいます。
 
気になる防水層の膨れを見つけた場合は、
一度ご相談されてみると安心ですね
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら