塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

外壁塗装、屋根塗装をしないと家はダメになる?! l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.10.12 (Mon) 更新

 
みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
 
外壁塗装の予算が確保できないという理由で、
前回の塗装工事から(もしくは家を建ててから)10年以上経っても外壁塗装の工事をされない方が多くいらっしゃいます。
 
しかし、実はこれ・・・NGなんです!!
 
大切なお住まいの為にも、塗装工事を後回しにするようなことは出来るだけ避けて頂きたいのが本音です。

なぜ、塗装工事を後回しにしてはいけないのか・・・???

それは、外壁が劣化している状態にも関わらず外壁塗装をしないという事は、
確実に家を蝕んでいくことになるからです。
 

 
クラック(ひび割れ)やチョーキング現象など、目に見える状態で劣化現象が起こっている場合は、そろそろ塗り替えの時期だなと思う機会が出来るのですが、
 
目に見えないところで、見た目が綺麗な外壁の状態の内部で、実は劣化が進んでいた!!?
という場合、
・・・「外壁塗装をしよう」という考えには、至りにくいですよね
 
 
10年以上もの間、外壁塗装をされていない状態で家を放置したままだと、
雨風や紫外線にさらされた塗膜が劣化を繰り返し、
保護されていない状態の外壁がむき出しとなってしまいます。
 
塗膜が劣化した状態を更に放置してしまうと、外壁そのものも劣化してしまうので、
必ずメンテナンスをしてくださいね!!
 
 
外壁が劣化するまでの期間は、今塗ってある外壁塗料の期待耐用年数にもよりますが、
1つの目安として10年!!

 
10年を経過したら、そろそろ外壁塗装の時期かなと考えて頂けると安心です。
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒