塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

 外壁塗装で使用する道具について(刷毛)l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.10.26 (Mon) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
平刷毛画像
 
 
ロ-ラ-で平らな部分を含めて大部分を塗装しますが、
細かい部分に関しては、昔ながらの刷毛を使用します。
刷毛の歴史は非常に古く、縄文時代から原型があったとまで言われます。
 
外壁塗装でよく使われるのは平刷毛(ひらばけ)、
筋交い刷毛(すじかいばけ)、寸胴刷毛(ずんどうばけ)、
目地刷毛(めじばけ)、隅切り刷毛(すみきりばけ)などが使用されます。
それぞれの特徴をまとめると以下の表のようになります。
 
■刷毛(はけ)で細かい所に塗装する   
 

刷毛の名前 説明
平刷毛 平らな刷毛で、一度に広い面積を塗る事が出来ます。
昔は平刷毛をメインに塗装工事を行いましたが、
今はローラーの方がよく使われます。ベタ刷毛とも呼ばれます。
筋交い刷毛 柄に対して、毛が生えている部分から45度の角度で
曲がっているのが特徴。角や細いところなど、
細かい所を塗りやすくなっています。
寸胴刷毛 平ではない寸胴のような刷毛。塗料の含みが良いので
たくさんの塗料を一度に塗る事が出来ます。
粘度の高い塗料も寸胴刷毛で塗ります。
目地刷毛 細い刷毛で、溝や目地など細かい所に塗る為の刷毛です。
隅切り刷毛 隅とはすみっこの事。端や狭いところなど、
主に補修用の刷毛です。
ダメ込み刷毛と同じような形状です。
ラスター ダスターとも言います。掃除などに使われる刷毛です。
鉄骨刷毛 鉄骨などの金属部に使われる刷毛です。
水性刷毛 水性塗料を塗る事が出来る刷毛です。
主にナイロンなどの化学繊維で出来ています。
獣毛だと刷毛の中で塗料が固まってしまう為、
固まらない水性専用の刷毛が作られました。
100%化学繊維のものもあれば、
獣毛との組み合わせで作られているものもあります

 
以上の刷毛が主に外壁塗装にて使われる刷毛です。
簡単に書いてしまいましたが、上記の種類の刷毛
それぞれにさらに複数の種類があり、
ベテラン職人はここから適切な刷毛を選んで塗装工事を行います。
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら