塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

屋根塗装では雨漏り修理ができない? l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.12.22 (Tue) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
前回のお話↓
https://nuritatsu.com/blog/29227/
 
■屋根塗装では雨漏り修理ができない? 
 

 
外壁の雨漏り原因の一部は塗装の塗り替えで
修理することが可能ですが、屋根の雨漏りについては
基本的に屋根塗装で雨漏りを修理することはできません。
外壁は修理できる可能性があるのに、
屋根だけできないなんて不思議ですよね。
しかし、やねの構造を知ってしまえば
「あぁ、だから屋根塗装じゃ直らないんだ。」
と納得できると思います。そこで、屋根の防水構造、
屋根塗装では雨漏りの修理ができない理由についてご説明します。
 
■屋根塗装は瓦やストレ-トの上に施工される 
 

 
瓦やストレ-トは遠くから見たら隙間なく
敷き詰められているように見えますが、実際は、
瓦やストレ-トの下に入った雨水が屋根の下に
排水されるように隙間が空いています。
水が流れていくと雨漏りしてしまうのではないかと思われますが、
水をはじく防水シ-トがあるので家の中には水が漏れてくることはありません。
屋根塗装は、瓦やストレ-トの表面に塗られるため
直接雨水を弾いているわけではありません。
雨水を直接弾いているのは防水シ-トなので、
屋根塗装をしても雨漏りが直ることはありません。
屋根塗装をした後に雨漏りがする理由
屋根塗装では雨漏りが直らない理由について
ご紹介しましたが、中には「屋根塗装をした後に雨漏りがする」
というトラブルに遭遇する人もいます。
よくある施工ミスですが、屋根塗装で瓦や
ストレ-トの排水路を塗料で塞いでしまっているので
瓦やストレ-トの下に入った雨水が排水されずに、
屋根材の下に濡れている状態です。
この場合は、「縁切り(ふちぎり)」で
隙間を塞いでいる塗料を切りとることで修理が可能です。
 
■雨漏りを予防できる塗料や塗装方法 
 

 
塗り替え塗装は、雨漏りの補修よりも、
予防やメンテナンスの意味合いで行うことが多い施工内容です。
ここでは、雨漏りを防止するのに使われる
塗料や塗装方法についてご紹介したいと思います。
 
■雨漏り防止塗料とは 
 

 
雨漏り予防での外壁塗装には、
防水塗料を使用すると効果的です。
防水塗料とは、簡単に言うと伸縮性の
高い弾性塗料のことをいいます。
他の塗料に比べてよく伸びるので、
外壁材のひび割れが起こったときも塗膜が
伸びて割れないので雨水の侵入を防ぐことができます。
ただし、耐用ねんすうが5~10年と短いため、
定期的なメンテナンスが必要となります。
 
防水塗装について
 
防水塗装は、一般的にベランダや屋上といった
水の溜まりやすい部部に行う塗装になります。
防水塗装がされているかどうかは、ベランダや
屋上の床を見て「コンクリートが剥き出しになっていれば」
防水塗装がされていないということがわかります。
 
■雨漏りは塗り替え塗装で直る?まとめ 
 
今回は、雨漏りが塗替え塗装で直るかどうか、
雨漏り防止塗料や外壁防水塗装についてご紹介しました。
塗料が原因で雨漏りがしていれば塗り替え塗装で
修理することも可能でしたが、
「必ずぬりかえ塗装で必ず雨漏りが直る」
というわけではありません。
原因は何なのかをしっかり確認しておくと安心です。
お困りの際はお気軽にお電話ください。
 
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

 
塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら