塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

外壁塗装は「下地処理」がされてないと失敗する3つの理由l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.12.25 (Fri) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
 
下処理を丁寧に「やっている」か「やっていない」かで、
外壁塗装の仕上がりのキレイさと耐久性に雲泥の差ができます。
 
下地処理とは、外壁塗装をする前に行う塗装面をキレイにする作業。
 
外壁塗装は塗装を塗ればできると思われがちですが、
塗装を塗る前の下地処理を丁寧に
行わないとスグに剥がれる塗装になります。
 
説明をする男性作業員のイラスト | 高品質の無料イラスト素材集の ...
 
将来の大きな差が出る!下地処理の有無による仕上がりの違い
 
古い家でも塗装をし直せば、見違えるように真新しくなります。
しかし、見た目がきれいになったと喜んで
いると思わぬ落とし穴があるもの・・
よく見落とされてしまう大事な部分が、
直接目で見えない下地の部分のキレイさであり、
下地処理が十分処理できていないと書きのような事が起こります。
 
すぐに剥がれる外壁塗装になる
耐久性(耐用年数)が低い外壁塗装になる
塗装時期が早まるためメンテナンス費用の負担が増える
 
■ポイント1:塗装の寿命を大きく左右するケレン作業
 
塗装をする前にまず行わなければならないのは、
壁に付着した錆や油汚れ、剥げかけている塗膜などの除去で、
この作業をケレン掃除と言います。
地味で非常に手間のかかる作業ですが、
これをしっかりと行わないと塗料の接着効果が弱くなり、
すぐに剥離してしまいます。
 
■ポイント2:塗料の接着力をより高めるための高圧洗浄と脱脂作業
 
ケレン作業が終われば、次に行うのが高圧洗浄です。
高圧洗浄機から噴き出す水で外壁を洗うという作業で、
これによって外壁に付着したホコリや細かな汚れを粉砕除去します。
 
水掃除といっても家庭用のホ-スで水をかけるのとは異なり、
触れた指が切れてしまうほどの高圧力を使用しているので、
ほとんどの汚れはあっという間に吹き飛んでしまうのです。
 
作業が終わった後に十分外壁を乾かすこと。
 
下地処理で大事な洗浄後の乾燥をさせなかった場合は?
 
乾かない外壁の上から塗装することになりスグ剥がれる
塗料の密着度が低くなる
長持ちしない外壁塗装になる
 
■ポイント3:下地処理で大事なクラック補修
 
外壁の汚れをきれいに落としてもそれで
終わりというわけではありません。
外壁面をチェックしてクラック(ひび割れ)
が見つかれば、塗装をする前に下地補修が必要で、
クラックをそのままにすると雨が徐々に内部に浸食し、
外壁が腐食していきます。
そして、最終的には外壁がくずれて作り直し
(左官工事)が必要となり、通常の塗装工事で済んだものが
大規模なリフォ-ム工事が発生し、費用がかかってしまいます。
 
それだけならまだよいのですが、
腐食が柱まで及んだ場合、家が傾く可能性も・・。
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

 
塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら