塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

下塗り材のシ-ラ-って何だろう? |京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り専門店【塗り達】

職人ブログ 2021.01.09 (Sat) 更新

皆様、こんにちは

京都に地域密着20年、施工実績3000棟超の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店【塗り達】です^^

京都市、宇治市、八幡市を中心とする、京都府全域に向け外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修の工事をご提供いたします。

いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!

 

塗料の使用書を見ると「シ-ラ-」
という文字を見かけます。
シ-ラ-ってみかけるけれど、
どんなものなのだろう?どういうときに塗るの?
シ-ラ-は、下塗り材?塗料の下に塗料を塗るの?
塗料って塗面にそのまま塗ってもいいものじゃない?
と疑問が出てきますよね。
 
 
〇シ-ラ-とは何か
 
塗装の「シーラー」とは?その役割|プライマー・フィラーとの違いは ...
 
シ-ラ-は、下塗り材という種類の塗料で、
通常の塗料を塗る前に下塗りする塗料です。
シ-ラ-の由来は、英語のシ-ルから来ているようです。
シ-ルは、覆い隠す・接着など閉じ込める意味があります。
 
 
〇シ-ラ-はどのような目的で塗るのか?
 
シ-ラ-は主に・・
1.上塗り材の吸い込み止め
2.下地の補強
3.上塗り材との密着力の強化
4.下地からの影響(アクやヤニなど)の防止
と、目的に応じた様々な機能を有した種類があります。
 
 
〇シーラ-には種類があるのか?
 
大きく水性シ-ラ-と油性シ-ラ-の
2種類に分けることができます。
 
■水性のタイプ
シ-ラ-内に水分が蒸発して膜をつくります。
ニオイも少なく室内のペイントにおすすめです。
主に水性塗料の下塗りとして使用します。
 
■油性のタイプ
シ-ラ-内の溶剤が、揮発して膜をつくります。
ニオイは強いですが水性より密着力が高く劣化が
激しい外装やコンクリ-ト床の塗料に向いています。
 
 
〇シ-ラ-を塗らなくてはいけない場所に塗らないとどうなる?
 
下塗り材のシーラーって何だろう?
 
シ-ラ-を使うべき場合に使わない場合、
以下の問題が発生します。
 
・上塗り材が素地に余計に吸い込み無駄になる。
 またムラになる可能性がある。
・上塗り材が密着不良で剥がれる可能性がある。
・ヤニやアクなどの素地からの影響を受ける可能性がある。
 
 


下記のいずれか該当する方であれば、ぜひご連絡ください!

・外壁や屋根の状態を確認したい!

・外壁塗装や屋根塗装の必要性や基礎知識を知りたい!

・何社か相見積りを取ったけど、比較方法がわからない!

・塗装業者選びのポイントを知りたい!

・最新塗料や機能性塗料の費用対効果を知りたい!

・外壁塗装、屋根塗装の適正価格を知りたい!

☆「塗り達」自慢の施工事例!実績3000件以上施工事例のBefore&Afterはこちら

・京都市の施工事例はこちら

・宇治市の施工事例はこちら

・八幡市の施工事例はこちら

☆無料外壁診断、屋根診断、雨漏り診断実施中!

無料外壁、屋根診断の予約はこちら

無料雨漏り診断の予約はこちら

☆外壁塗装、屋根塗装の適正相場を知りたい方必見!

適正相場はこちら

    京都市、宇治市、八幡市、地域密着の外壁塗装、屋根塗装専門店 塗り達

 京都市最大級ショールームOPEN中!!

来店予約はこちらをクリック

  フリーダイヤル:0120-503-439

〒613-0915 京都市伏見区淀際目町226-2