塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

艶の豆知識 l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

現場ブログ 2021.01.11 (Mon) 更新

 
みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
 
前回は、塗料の艶あり・艶なしについて
簡単にご紹介させていただきました。
 
前回のブログはこちら↓


 
今回は、「艶」についての豆知識をご紹介したいと思います。
 
 

 
 
〇●艶の豆知識●〇


 
実や艶に関してはこれといった明確な定義な存在しておらず、
 
この条件は「艶あり」
この条件は「艶なし」
 
といった基準がないのが特徴です。
 
どこまでが艶なのか、、
少しだけ艶が入ってたら艶ありといえるのか、、、
 
ちょっとした疑問が混乱を招かないように、
 
艶あり・艶なしの状態は
“だいたい”こういうもの!!
 
という目安があるのでご参考にしていただけたらと思います。
 
それは、光沢率を基準とし、光沢率が70%のものが艶あり
5%以下のものは艶なしで表すということです。
 

光沢率 70%以上 60%前後 35%前後 15%前後 5%以下
艶あり 7分艶 5分艶 3分艶 艶なし

 
これらは定義ではなく、あくまでも目安になりますので、
塗料によって光具合が異なる場合もあります。
 
 
また、光沢率はグロス値ともいわれています。
 
グロス値とは目当てのモノに光を当て、
底から跳ね返ってくる光のパーセンテージのことです。
 
例えば、当てた光を100%とし、
 
100%に対しての70%の光がかえってくれば→艶あり塗料
反対に5%の光が跳ね返ってくれば→艶なし塗料
 
というようになります。
 
 
いかがでしたか?
 
艶に関して明確な定義がないことにはみなさん驚かれますが
判断基準となる光沢率(グロス値)のパーセンテージを参考にして
艶の具合をみていくといいかもしれませんね
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

 
塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら