塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

サイディングボードについて I  宇治市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログ 2019.04.26 (Fri) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
本日は、サイディング(建物の外壁に貼る仕上げ用の板材)について
お話したいと思います。
 

 
 
 
施工事例にサイディング仕上げのご自宅があるので是非、ご覧ください。
 
DIYがお好きな方や建築系のお仕事に携わっている方には馴染みのある言葉かもしれませんが、
「サイディング=外壁材」と思い浮かぶ方は少ないかと思います。
 
外壁の施工方法には、
・湿式(しっしき)塗り壁やタイル貼り
・乾式(かんしき)サイディング
上記の2種類の施工方法があるんです。
 
塗り壁は表面に塗るものになっており
サイディングは、パネルを張り合わせていくものになります。
工場で予め、一定サイズに成形された板(サイディングボード)を
外壁に貼り付けていきます。
 
お客様のお家の壁の広さに合わせてボードをカットするので、
板の張り合わせであってもシッカリとつなぎ目を埋め、
雨漏りや剥がれを防止することができます。
 

サイディングのメリット

・耐水性に優れている
・耐天候性に優れている
・タイル調、石貼り調、木目調等の種類、デザインが豊富
・工場生産のため品質安定
などの、メリットがあげられます。
 
是非、外壁塗装の塗り替えなどご検討中の方は
サイディングも候補に入れてみてはいかがでしょうか。
 
サイディングボードにも、色々と種類があるので
また次回お話しできればと思います。
 
京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方
また、ご質問、ご相談などございましたら
お気軽にお問い合わせください。