塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

塗装がはがれるのはなぜ? I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログ 2019.10.24 (Thu) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
そろそろ家の外壁を塗りなおさないといけないかなぁ…
当社にお見積り・ご相談をお問い合わせを頂くお客様に、どうしてそう思われたのか伺うと、
 
①壁が傷んでいるところがある、色がはげている
②同時期に家を建てたご近所さんが塗り替えた
⓷雨漏りしている
等々が主な理由です。
 
この中でも最も多いのが、①です。
毎日目にするご自宅の外観。
その中でも、「外壁」は目につきやすく、はがれていたりひびが入っていると気になるお客様はたくさんいらっしゃるようです。

なぜ、塗装ははがれるの?

塗装がはがれている状態というのは、外壁と塗膜が密着していない状態です。
塗装には寿命があり、残念ながらどんなにメンテナンスをしていても、永久的にはがれない塗装は現在のところありません。
もちろん戸外なので、紫外線の影響、雨風の影響、また強風などによる飛来物(物理的な衝撃)の影響を受けます。
 
また、過去に塗替えをされている場合は、
・塗膜が厚くなりすぎていた
・前回の塗装の際の、研磨や清掃が不十分だった
など、施工不良が原因として考えられます。
 
下塗りを含めて3回塗りを行いますが、必要以上に厚塗りをすると、はがれやすくなってしまいます。
また、塗装前の研磨・清掃といった下地処理も大切で、これを怠るとせっかくの塗替えが劣化しやすくなってしまいます。当社では、特にこの2点は慎重かつ丁寧に行っています。
 

塗装がはがれるとなぜ困るのか?

塗装は単に美観性のためだけでなく、塗膜によって材を保護しています。
そのため塗装がはがれると、直接外気にさらされることになり、それ自体が劣化してきます。
 
たとえば、樋やトタン屋根といった鉄部は、塗膜がはがれるとさびの発生につながります。
さびは放っておくと、どんどん広がり、鉄に穴をあけることもあります。
そうなると、美観性が損なわれるだけでなく、樋の機能や、屋根としての役割も果たせなくなってしまい、最終的にはそれ自体を交換することになってしまいます。
 
このように塗膜がはがれてくると、見た目(美観性)が悪くなるだけでなく、機能性が失われることもあります。
 
 

 
 
また、外壁のはがれを見つけてご相談にこられたお客様のご自宅に調査に行かせていただくと、
鉄部の傷み、屋根の劣化など、地上からはみつけにくい症状も発見することがあります。
 
外壁の補修と、屋根の補修を一度に行うと、足場組みも一度で済み、コスト面でもリーズナブルになり、おススメです。
 
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら