塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

微弾性フィラー I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達 

職人ブログ 2019.11.17 (Sun) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
外壁塗装の基本は3回塗り と聞いたことはあるでしょうか。
耐久性や美観性を高めるため、下塗り、中塗り、上塗り(場合によってはもっと塗り重ねることもあります)と3回塗るのですが、
この中で1番最初に行う下塗りは、使う塗料によってさまざまな効果を付加できます。
 
たとえば、
・プライマー →接着剤の役割がある、密着性が高まる
・シーラー  →上塗り材の下地への吸い込みを防ぐ
・フィラー  →下地にひび割れや亀裂がある場合に使用。下地を平らに整えて耐久性や美観性がアップ
 
中でも「微弾性フィラー」と呼ばれる下塗り材があります。
 
モルタルの改修工事用の下塗り材で、下地(旧塗膜)に発生しているクラック(ひび割れ)をカバーし、下地に追従して伸びる柔軟な塗膜が防水性を高めてくれます。
 
このような機能をもつ下塗り材がありましたが、さらに高性能になったエスケー弾性プレミアムフィラーというものが登場しました。
 

 
従来のものよりひび割れ追従性に優れたフィラーで、上塗りの高耐候性と躯体の保護性能の相乗効果により、耐久性がアップ!メンテナンスのサイクルが長くなります。
 
モルタルの外壁で、クラックがある場合は、下塗り材としてこちらをおススメさせて頂いております。
 
大切なご自宅を長期にわたり保護するために、ワンランク上の品質を提供します。
 
塗り達 伏見区淀店では、塗料のカタログなども豊富にご用意しております。
ご自由にご覧いただき、スタッフがご説明もさせていただけます。
お気軽にお越しください♪
 
外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。