塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

ショールームより 雨樋の色いろいろあります | 京都府 宇治市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログ 2020.03.15 (Sun) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
塗り達 伏見区淀店には、ご相談・ご契約のほか、ショールームとしてお客様に塗料や見本をご覧いただけるようにご準備しております。
 
その中から本日は雨樋についてご紹介します!
 
雨樋とは
住宅の付帯部の1つで、雨水を集めて地上まで流してくれる装置です。

このようなものですね。
 
写真のような黒が一般的ですが、既製品の雨樋だけでもこんなにいろいろな色があります。
樋
左上から、
・モダンベージュ
・パールグレー
・ミルクホワイト
・オークブラウン
・しんちゃ
・ブラック
・ウッディグリーン
となっております。
 
新築時に雨樋を付けた後は、メンテナンスとして、外壁や屋根の塗替え時に、付帯部の塗装もされるお客様が多いです。
金属製のものはさびなどで劣化が進み、穴が開いたりして樋としての機能を果たせなくなる場合があります。
樋自体の交換になってしまう前に、さびを落とし、さび止めも含めた塗装を行うことでより長く使うことができます。
 
また、外壁や屋根の近いところにあるため、外壁の塗替えを行ったあと、思ったよりも汚れが目立ってしまうのも付帯部の特徴です。おうち全体を塗替えすることで美観性を高めることができます。
 
樋のほか、雨戸なども付帯部に含まれますが、塗替えの際には、付帯部の色を同じにしたり、外壁との色の組み合わせを楽しむこともできます。一部分だけ交換などを行った場合は、周りの色と合わせるために交換後に塗装を行うこともできます。
 


 
外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
 
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら