塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

瓦屋根 屋根漆喰の補修 施工の様子 l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.03.24 (Tue) 更新


みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
今回、日本瓦の屋根の補修をさせていただきました。
施工の様子をご紹介します。
 

①施工前
つやつやの日本瓦の屋根です。
よくお手入れされ、瓦自体は割れもなくきれいです。
日本瓦の屋根の場合、塗替えなど塗装のメンテナンスはしなくてもよいのですが、代わりに屋根漆喰の補修が必要になります。
 
今回は、瓦と瓦をつないでいる屋根漆喰のお手入れをさせていただきます。
 

②屋根漆喰補修 高圧洗浄
まず高圧洗浄機でお掃除をします。
傷んでいたり、劣化して取れてしまっている漆喰は、高圧洗浄の水圧で外れてしまいます。
そのあと手作業で丁寧に、既存の漆喰を撤去していきます。
 

③屋根漆喰補修 漆喰撤去
撤去後の写真です。
葺き土まで見えているのがわかりますでしょか。
葺き土の上に瓦を敷き、間を漆喰で埋めて、雨漏りや瓦のズレを防いでいるので、
この漆喰が劣化してくると、防水性がなくなったり、雨風・地震などで瓦がズレたり、飛ばされたりしてしまいます。
 

④屋根漆喰補修 漆喰新設
さきほど葺き土が見えていた部分に新しい漆喰を詰めなおしました。
こちらでメンテナンス完了です。
 
漆喰の劣化がひどくなり、棟瓦がズレるなど瓦を固定する力がなくなってしまっている場合は、棟瓦をすべて撤去し、葺き土から作り直す大規模な修繕が必要になります。
 
 
屋根漆喰の劣化は、なかなか地上からは見つけにくく、雨漏り等が起こって初めて判明する場合が多いです。
外壁の塗替えと一緒に屋根の調査をして、漆喰の補修が必要だと判断されるケースもあります。
 
外壁と一緒に屋根の診断も、塗り達までお任せください!
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら