塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

外壁材の種類にはどんなのがあるの?① l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

現場ブログ 2020.07.03 (Fri) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
外壁塗装をお考えの際、業者との打ち合わせで
「自宅の外壁材は何を使用されているか?」と、材質について質問されることがあるかと思います。
 
しかし、いきなり「外壁材」と言われても答えるのが難しいですよね。
 
今回は、家の第一印象に含まれる「外壁材」についてお話したいと思います。
 

モルタル

 

 
特徴・・・砂とセメントを混ぜたもの
 
昔の日本住宅に多く使用されている外壁材で、現在も築年数の経った住宅だとモルタル壁が多くみられます。
 

【メリット】 【デメリット】
・つなぎ目の無い外壁に仕上がる ・施工期間が長い
・耐久性、耐震性、耐火性が高い ・ひび割れしやすい
・意匠性が高い ・防水性が低い
・高コスト

 
モルタル壁は、手作業で塗り上げるため施工期間が通常よりも長く、その分コストがかかってしまいますが、自由なデザインと意匠性の高い外壁に仕上がります。
また、年月が経つにつれ経年劣化によるひび割れも起こりやすいので、定期的なメンテナンスを行ってくださいね。
 
 

窯業系サイディング

 

 
特徴・・・混和剤や繊維質をセメントに混ぜた板状の人工の外壁材
 
現在の日本の戸建て住宅の8割程は、この窯業系サイディングが使用されており、樹脂系や木質系など、たくさんの種類があります。
 

【メリット】 【デメリット】
・デザインが豊富 ・ズレや浮きが生じやすい
・遮音性、耐震性、耐火性が高い ・シーリングメンテナンスも必要
・施工性に優れている ・吸収性が高い
・低コスト ・熱を溜めやすい

 
強風・暴風の時などに、外壁材がズレたり浮いてしまうということが多いので、塗装よりも高価な外壁修繕工事がかかってきます。
しかし、タイル調やレンガ調などデザインが豊富なことから、住宅の外観にこだわりたい方には大変おすすめな外壁材です。
 
 
続きます。
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら