塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

外壁材の種類にはどんなのがあるの?② l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

現場ブログ 2020.07.04 (Sat) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
前回の続きです。
外壁材の種類についてご紹介いたします。
 

金属系サイディング


 

 
特徴・・・主成分はセメント。ガルバリウム鋼板やアルミニウムも使用されている
 

【メリット】 【デメリット】
・軽量なので、建物への負担を低減 ・傷やへこみがつきやすい
・耐凍害性、耐震性、耐熱性が高い ・錆ができやすい
・コスパが良い ・塩害や酸性雨に弱い

 
スタイリッシュな外観がとても人気を呼んでいる外壁材です。
 
金属は錆が発生しやすく塩害に遭いやすいので、海の近くに建てることはおすすめしませんが、断熱性が高く、水分を吸収しにくい材質なので、凍害が少なく寒い地域の住宅にはぴったりな外壁材です。
さらには、耐震性に優れているので、ひび割れにも強いのが魅力です。
 
外壁塗装を行う際の工法や補修方法は、外壁材の種類によって変わってきます。
ご自宅の材質はどれなのか知っておくことで、最適な外壁塗装につながるでしょう。
 
いかがでしたか?
今回は3つの種類の外壁材をご紹介しましたが、その他の材質についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ、塗り達のショールームをご活用くださいませ。
 
 
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら