塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

防水工事の必要性 l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.08.24 (Mon) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
外壁塗装や屋根塗装を検討している際に、
専門業者から防水工事も同時に進められたことはありませんか?
 
しかし、ほとんどの方は、
 
「防水層って永久的なモノじゃないの?」
「費用をかけてまで防水工事?」
 
などと疑問が浮かぶと思います。
 
そこで今回は、
“防水工事を行う・行わなくてはならない理由”
に注目してお話したいと思います。
 
 
◇◆防水工事とは?◆◇
 

 
そもそも防水工事とは、建物の屋上やバルコニー・ルーフバルコニーなどに施されていて、建物の内部へ雨水が入らないよう防ぐための工事です。
 
雨仕舞とは全く別ものですので、
ここを間違えて認識してしまうと、後々大変なことになってしまいます。
 
なので、
初めにこの2つの違いを覚えておきましょう!
 
☆防水・・・・雨水の侵入を防ぐこと
☆雨仕舞・・・雨水を受け流すこと
 
です!
 
それでは、防水工事の必要性や重要性に迫っていきたいと思います。
 
 
◇◆防水工事の必要性ってなに?◆◇
 
水はとっても大事な資源ですが、ときに、みなさまの大切なお住まいを劣化させてしまう
大きな原因となります。
 
木造・鉄筋コンクリート造問わず、
雨水が建物内部へ侵入すると、建物を支えている柱や鉄骨を腐らせ内側から劣化が始まります。
 
もちろん、“建物内部に雨水が侵入する”ということは=“建物外部も損傷し劣化している”ということです。
 
外部だけの損傷で収められれば、外壁塗装の部分補修で補う事も出来ますが、
内部まで損傷が進んでしまうと、工事費用は倍以上かかりとても大掛かりな工事が
必要となってしまいます
 
そのような事態を未然に防ぐ為にも、
防水層にも定期的にメンテナンスを行いましょうね。
 
水の浸水を防ぐことで、お住まいを長持ちさせることができるのです.*・゜
 
 
次回は『適した防水工事』についてお話したいと思います。
(つづきます)
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら