塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

少量の雨で雨漏り?!~屋根編~ l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.08.30 (Sun) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 

 
雨があまり降っていないのに、「雨漏りしている?!」
と感じた経験はありませんか?
 
実はこれ、少なからず起こりうるケースなのですが、
雨漏りしている原因が分からず、
 
「少しの雨で漏れてるだけだから大丈夫か」と、
安易に考えてスルーしてしまうことが多いんです
 
雨漏りには必ず理由があるため、できるだけ最小限の被害で直していきましょう!
 
今回は、そんな少しの雨でも雨漏りしてしまう理由について
お話させていただきます。
 

少量の雨で雨漏り?!~屋根編~

屋根は紫外線や雨風に常に晒されている状況下にあるため、
住宅の他の部分と比較しても劣化スピードが速く、破損しやすいところです。
 
コロニアル・瓦などの屋根材でも、防水が施されている陸屋根に限らず、
少量の雨で雨漏りする理由としては、屋根が原因であるケースが多いのです。
 
 
≪瓦のズレ・割れ≫
 
一次防水の屋根材である瓦にズレが生じてしまうと、その隙間から雨水が入ってきます。
 
瓦は耐久性は高いですが、日々の生活の中での揺れなど、時間が経つにつれ自然とズレが生じてしまいます。
 
また飛来物が原因で、割れることもあります。
 
 
≪屋上の防水層の劣化≫
 

 
マンションやアパートなどの屋根は、平面な陸屋根が多く、
最近ではデザイン性の高さから、戸建て住宅でも人気な形状です。
 
しかし、平面であるため雨が降ったあとは雨水が溜まりやすく
防水層の劣化が始まっている場合は、じわじわと浸透してしまいます。
 
これにより、防水層の下に雨水が溜まり、少量の雨でも雨漏りしてしまうのです。
 
さらに、漆喰部分の劣化も雨漏りの原因となりますので、
「耐久性が高いから大丈夫」
と安心しきらずに、定期的なメンテナンスを行い、雨漏りを未然に防ぎましょう。
 
次回、~外壁編~ に続きます
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら