塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

外壁塗装で大事な重ね塗りって!?l 京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.09.09 (Wed) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
外壁塗装をする際に重要なポイントとしてあげられるの作業の1つが、
「重ね塗り」です。
塗料を何層にも分けて塗るのですが、重ね塗りの基本は、
下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りです。
 
なぜこんなこんなに何度も塗る必要があるのでしょうか?
 
重ね塗りする理由は、一言でいうと「耐久性を上がる為」です。
塗膜と呼ばれる塗装の厚さを確保することで、
耐久性を上げて長持ちする様に塗装するんですね。
 
そのため、下塗りをして乾かした後に、
上塗り用の塗料を2回塗る3工程で作業をするのが正しい外壁塗装と言えます。
 
重ね塗りと塗料に関して見ていきましょう 
 
①下塗りは塗装の耐久性を上げる第一歩
まず、外壁を塗るときの第一歩が「下塗り」です。
下塗りに使われる塗料は様々あり、
業者や外壁の状態によって何を使うか異なります。
 
②塗装にしっかりと厚みを持たせる中塗りと上塗り
中塗り・上塗りと言っていますが、
実際に使う塗料はどちらも上塗り用の塗料を使います。
ではなぜ2回塗るかというと、
「塗装に厚みを持たせるため」です。
1度に塗膜を熱くしようとすると塗料が垂れてきてしまい、
理想の厚さを確保できません。
その為に、1度塗装をしたら乾かして、その上に再度塗装を施します。
 
重ね塗り2
 
 
こうすることで塗膜が厚くなるので、耐久性も上がることになります。
 
③平均的なシリコン塗料でいいという方の注意点
既にご紹介した通り、外壁塗装で1番バランスの良い塗料が
シリコン塗料です。余りコストはかけたくないけど、
耐久年数が短いのも嫌いというニ-ズに1番マッチしている
塗料がこのシリコン塗料といえます。
最近では、お客さんの方から「シリコン塗料で」
と指名が入るくらい一般的になってきていますが、
下記の点に気を付けて下さい。
 
シリコン塗料と言ってもグレ-ドによって全然違う
 
一言でシリコン塗料といっても、
グレ-ドによって価格にピンキリです。
その価格差の秘密は、シリコン含有率の差にあります。
その塗料にどの位のシリコンが含まれているかで価格が変わってくるのです。
どの位含まれているかで、
耐久年数も変わってくるほど重要なポイントなのです。
 
元々シリコン塗料はアクリル塗料ベースで出来ており、
ほんの少しでんもシリコンが入っていれば「シリコン塗料です」
と言って販売出来てしまうんです。
メ-カ-ではシリコン含有率まで公表しませんので、
各塗料の定価を見ることでグレ-ドを把握して、
適切な塗料を選ぶようにしましょう。
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら