塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

外壁塗装のシリコン系塗料の特徴とメリット・デメリット l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.10.05 (Mon) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
【塗料の種類】外壁塗料3:シリコン系
 
「シリコン」という言葉はシリコンゴムなどで
よく聞いたことがあるかもしれません。
シリコン系塗料はシリコン系の合成樹脂からなっており、
この樹脂でできている塗料のことをいいます。
シリコン系は種類が豊富で、
一様に「シリコン系」という言葉だけで塗料を
選ぶと耐久性や弾性が全然違うこともよくあります。
そのためにも購入する際はその材料や配合されている成分、
価格をよく見て塗料のグレ-トを確認することが大切です。
先程のアクリル系やシリコン系に比べると耐久性が各段に
高いので多くの家具や建物の外壁に
使用されていることが多いです。
 
シリコン系塗料にはその用途に応じて用いられる
種類が大きく2種類あります。
外壁用などの塗装に使用される塗料は現役を
使用するのではなく他の液体と混ぜその後塗布します。
その際に水と混ぜるようにできているものが
水性(水性1液型)、シンナ-等の溶剤混ぜて一度溶かし、
その後使用するのが油性(溶剤1液型、溶剤2液型)です。
実際には内壁には水性しか使用できず、
さらには油性はシンナ-独特の臭いがきついなどのことから
水性の利用が増えています。しかし、ある程度耐久性があり、
防汚性や防水性も優れているのは油性なので、
その使用する用途に応じた使い分けをすることが重要です。
 
【塗料の種類】シリコン系:メリット
 

 
この種類は上記の他の種類の塗料に比べ
耐久年数が8~15年ととても長く、塗料の機能性など、
あまり条件がなくこだわりのない人の多くが使用する
定番の塗料です。シリコン系の樹脂からできる
塗膜は非常に撥水性がよく雨や汚れなどを弾く効果も
期待でき汚れにくい塗料でもあります。
また、上記でも述べたように水性と油性がありますので、
用途に応じて種類を使い分けることもできます。
 
【塗料の種類】シリコン系:デメリット
 

 
その一方この種類の塗料は粘土が非常に低く塗っている
最中に何度も塗料自体を見ながら作業を行わないと
沈殿が怒ったり、塊ができたりします。
ですのでDIYには向いていないと思われます。
また、粘土が低く撥水性が良いので塗り直しがしにくく
前の塗装後に塗ろうとしても弾かれることも多いです。
 
 
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら