塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外壁の防水機能が低下すると?② l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.09.27 (Sun) 更新

 
みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
 
前回のつづきです。
外壁塗装の防水効果が低下してしまうと、どのような現象が起こるのかみていきたいと思います。

防水機能が低下すると住宅はどうなる?

 
【外壁の歪みが大きくなり、小さなクラック(ひび割れ)が生じる】
 
 

 
 
大きく壁が動いたり、その回数が増えることによって、外壁にヘアークラックという小さなひび割れが生じてきます。
サイディングであれば、コーキングにも亀裂が発生するのでみておきましょう。
 
弾力性のある塗料ですと、クラックは起きにくいのですが、
塗料自体の劣化は進行してしまうので、遅かれ早かれクラックは発生するものなのです。
 
そして、この小さなクラックから漏水が始まり、どんどん劣化を進めていくのです。
 
では、クラックが無ければ大丈夫なの?と思われがちですが、
実はクラックが生じていない場合でも、塗膜が薄くなった箇所から漏水は始まります。
 
コンクリートの壁が濡れて色が変わっている、という状況は見たことがあるかもしれませんが、
コンクリートに壁に限らず、外壁には水を吸い込む力がありますので、
塗膜が薄くなっている部分からもどんどん水を吸い込んでしまうのです。
 
塗料表面の塗膜は、その様な現象を防いでくれるので、外壁塗装の重要性がより身近に感じられると思います。
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
外壁塗装・屋根塗装は、常に雨風に晒され、常に過酷な状況の中で戦い、皆さんを守ってくれています。
何事も放っておくことは良い結果には繋がりません。
 
定期的なメンテナンスをして、お住まいの状態を知っておくのも良いかもしれませんね
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら