塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

コ-キング材の汚れを防ぐにはどうしたらいいの?l京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り専門店【塗り達】 

職人ブログ 2021.01.20 (Wed) 更新

皆様、こんにちは

京都に地域密着20年、施工実績3000棟超の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店【塗り達】です^^

京都市、宇治市、八幡市を中心とする、京都府全域に向け外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修の工事をご提供いたします。

いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!

 
コンクリ-ト壁の劣化要因は
打ちっぱなしによる中性化!!
 
コンクリート打ちっぱなしの家はデメリットがいっぱい?それを上回る ...
 
 
コンクリ-ト壁は、打ちっぱなしで仕上げて
クリヤ-塗装をかけたり、磁器タイルを貼ったりと
言った使用のほかにも普通に塗装することも出来ます。
表面を塗装してあるのならば劣化要因は
紫外線や雨風によるチョ-キング
躯体に振動や揺れで入るクラックなどです。
 
コンクリ-と壁に塗装していないのであれば
打ちっぱなしですが
コンクリ-ト自体にはあまり良い状態ではありません。
なぜならばと言うと・・
コンクリ-トならではの劣化要因が中性化にあります。
コンクリ-トは施工するときはあるかり性の壁なので
中に入っている鉄筋はさびることはありません。
しかし、時間の経過と共にコンクリ-トは
中性の方に向かいます。中性化してしまうと
中の鉄筋はどんどん錆びて行ってしまい
中からコンクリ-トを押し出します。そして限界が
来るとコンクリ-トが爆発したような
爆裂と言われる状態になるのです。
 
築36年コンクリート外壁の爆裂画像
 
どの位の期間で中性化してしまうかはコンクリ-トの
厚さで変わります。厚みが厚く
表面からどのくらい不快一に鉄筋が
入っているかによるのです。
 
コンクリ-ト壁の補修方法とあすすめの塗料
 
コンクリ-トが爆裂してしまった場合は
爆裂部の鉄骨の錆びていない面まで出して
さび止めを入れてコンクリ-トやモルタルなどの
アルカリ性のセメント材で蓋をするのが一般的です。
しかし、かぶりが取れなかったりする場合は
出来るだけ塗装の膜圧を稼いだ使用にしたり
高弾性塗料と言われる、通常の弾性塗料より
柔軟な塗料を使うことをおすすめします。
 
今ある模様を見えない様に新しい模様で仕上げたり
ただ色を塗り替えたいだけだったり
自分がどのようにしたいかを
まず伝えてから出来ることを聞いてみるのもいいかもしれません。
 


下記のいずれか該当する方であれば、ぜひご連絡ください!

・外壁や屋根の状態を確認したい!

・外壁塗装や屋根塗装の必要性や基礎知識を知りたい!

・何社か相見積りを取ったけど、比較方法がわからない!

・塗装業者選びのポイントを知りたい!

・最新塗料や機能性塗料の費用対効果を知りたい!

・外壁塗装、屋根塗装の適正価格を知りたい!

☆「塗り達」自慢の施工事例!実績3000件以上施工事例のBefore&Afterはこちら

・京都市の施工事例はこちら

・宇治市の施工事例はこちら

・八幡市の施工事例はこちら

☆無料外壁診断、屋根診断、雨漏り診断実施中!

無料外壁、屋根診断の予約はこちら

無料雨漏り診断の予約はこちら

☆外壁塗装、屋根塗装の適正相場を知りたい方必見!

適正相場はこちら

    京都市、宇治市、八幡市、地域密着の外壁塗装、屋根塗装専門店 塗り達

 京都市最大級ショールームOPEN中!!

来店予約はこちらをクリック

  フリーダイヤル:0120-503-439

〒613-0915 京都市伏見区淀際目町226-2