塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

【京都】季節ごとの外壁塗装メリット・デメリット l京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り専門店【塗り達】 

現場ブログ 2021.06.04 (Fri) 更新

皆様、こんにちは

京都に地域密着20年、施工実績3000棟超の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店【塗り達】です^^

京都市、宇治市、八幡市を中心とする、京都府全域に向け外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修の工事をご提供いたします。

いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!

 

◇◇季節ごとの外壁塗装メリット・デメリット◇◇

外壁塗装のベストシーズン】家の塗り替えに一番良い季節はいつ ...

塗装工事は一年中可能ですのでベストシ-ズンは自分で決められるということになります。

それでは、自分にとっての塗装のベストシ-ズンがいつなのかを

より正確に判断するために、季節ごと・月ごとに

塗装をする際のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

3月・4月・5月の塗装工事(春・涼しい時期)

メリット デメリット

・湿度が低く、塗料が乾きやすいため工事がスムーズに進む

・工事期間中、窓を締めきっていても過ごしやすい

・天候が安定しているため予定どおりに工事が進みやすい

・春先に雨が続くと工事がストップしてしまう

・砂埃や黄砂などのゴミが付着してしまうことがある

・塗装業者が繁忙期にはいるため、希望どおりの予定で工事を始められないことがある

 

 

6月・7月の塗装工事(梅雨時期)

メリット デメリット
・適切な湿度を守れば、問題なく工事を進められる

・天候が原因で工期が延びてしまいがち

 


6月・10月・11月の塗装工事(秋・涼しい時)

メリット デメリット
・湿度が低く、塗料が乾きやすいため工事がスムーズに進む

・工事期間中、窓を締めきっていても過ごしやすい

・天候が安定しているため、予定どおりに工事が進みやすい

・秋末に雨が続くと工事がストップしてしまう

・台風が原因で工期が延びてしまうことがある

・塗装業者が繁忙期に入るため、希望どおりの予定で工事を始められないことがある

12月・1月・2月の塗装工事(年末年始・冬・寒い時期)

メリット デメリット
・工事期間中、窓を締めきっていても過ごしやすい ・気温が5℃を下回ると施工ができない

・天候・気温が原因で工期が延びてしまいがち

・年末年始は業者がお休みのため工事がストップする

 

こんな日は工事をストップ!

イラストポップ 学校のイラスト | 生徒指導No07ストップの無料素材

基本的には、塗装工事は1年十可能ですが

どうしても施工できない条件が4つあります。

 

・気温が5℃以下のとき

・湿度が85%以上のとき

・雨や雪が降っているとき

・外壁面が結露いていたり霜が降りているとき

 

上記の条件下では、塗装工事は不可能です。

なぜなら、塗料をぬっても乾かなかったり

塗料自体が雨や雪で流れおちてしまうためです。

 

塗装をお考えの際にご参考にしてください

 

下記のいずれか該当する方であれば、ぜひご連絡ください!

・外壁や屋根の状態を確認したい!

・外壁塗装や屋根塗装の必要性や基礎知識を知りたい!

・何社か相見積りを取ったけど、比較方法がわからない!

・塗装業者選びのポイントを知りたい!

・最新塗料や機能性塗料の費用対効果を知りたい!

・外壁塗装、屋根塗装の適正価格を知りたい!

☆「塗り達」自慢の施工事例!実績3000件以上施工事例のBefore&Afterはこちら

・京都市の施工事例はこちら

・宇治市の施工事例はこちら

・八幡市の施工事例はこちら

☆無料外壁診断、屋根診断、雨漏り診断実施中!

無料外壁、屋根診断の予約はこちら

無料雨漏り診断の予約はこちら

☆外壁塗装、屋根塗装の適正相場を知りたい方必見!

適正相場はこちら

    京都市、宇治市、八幡市、地域密着の外壁塗装、屋根塗装専門店 塗り達

 京都市最大級ショールームOPEN中!!

来店予約はこちらをクリック

  フリーダイヤル:0120-503-439

〒613-0915 京都市伏見区淀際目町226-2