塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

【付帯部】ってどこ?~名称と役割~ l京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り専門店【塗り達】 

塗装の豆知識現場ブログ 2021.11.20 (Sat) 更新

みなさまこんにちは!!
京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装専門店 塗り達です。
職人ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。

塗り達 新店舗 オープン!!伏見区深草に新しいショールームがオープンしました! 詳しくはブログの最後をご覧ください


家の外壁の塗替え
ひとことで言っても、外壁だけ塗るわけではありません。
外壁以外で、家についているもの=付帯部と言います。
ぱっと思い浮かぶものはありますでしょうか?

 

 

付帯部は屋根・外壁と同じく戸外にあるため、紫外線や雨風などの影響を受けやすく、経年劣化していきます。
さらに高い場所にあるものも多く、普段はなかなかじっくりと見る機会もない箇所です。
不具合が出てから確認したら、破損していた!!
ということもあるため、修理交換となる前に、屋根・外壁の塗替えの足場を組むタイミングで、付帯部も一緒にメンテナンスをされるのをおススメします                                               

 

戸建て住宅のおもな付帯部

それでは、戸建て住宅の主な付帯部を見ていきましょう。

 

雨戸(あまど) 

雨樋(あまどい)

屋根に降った雨水を軒先(軒樋)で受け、縦樋から地面の排水口に流す役割があります。
屋根からボタボタと雨水が降ってくると地面が痛みやすいので、地上まで雨水を運びます。
割れや、枯葉の詰まりなどで不具合を起こしやすいので、メンテナンス必須の付帯部です。

 

 

 

庇(ひさし)

窓や出入口の上部に取り付けられる日よけ・雨よけ用の小さい屋根のことです。

金属でできていることも多いので、塗装の際は下塗りにさび止めを使います。

付帯部 庇

 

 

笠木(かさぎ)

ベランダ、バルコニーの手すりの水平部分に取り付けられ、バルコニーの壁面に雨水が浸入しないように、カバーの役割を果たしています。
笠木からの雨漏りがあると、壁面の塗料が浮いてくるような症状がみられることが多くあります。
また、笠木の上に手すりがついている場合、根本の接着部分の劣化によって雨水が浸入し、雨漏りが発生することあるので、笠木も外壁塗装工事の際にメンテナンスをお勧めします。

 

 

軒天(のきてん)

屋根の、外壁から外側にでている部分の天井部。軒裏(のきうら)とも言います。
木でできているもの、軒天ボードが貼られているもの、外壁のモルタルと同様の素材となっているもの様々ありますので、メンテナンスの際は下地にあった塗料を使用します。

                      
建物の美観、火事の延焼防止、屋根裏換気などの役割があります。

 

 

幕板(まくいた)

美観を引きたたせるために、1階と2階の境界線あたりによく使われる横に長い板のことです。
メリハリを持たせたり、ツートンカラーのお家をよりおしゃれに見せたりできます。

こちらも剝れやめくれ、割れなど劣化症状が出る部分ですので、外壁塗装と一緒にお手入れされるとよりきれいに仕上がります。

 

 

破風板(はふいた)

切妻屋根の妻側部分に取り付ける板のことです。
耐風性能、耐火性能を高める重要な役割を持っています。

 

似た部分でこちらは鼻隠し(はなかくし)と呼ばれます。
日本家屋では、垂木(屋根の骨組み)の先端を「鼻」といい、その切り口がちょうど隠れる部分につける横板のことです。屋根の強度を上げる、雨樋をつけるなどの役割があります。

こちらも素材によってメンテナンスの際の塗料が変わります。

 

水切り(みずきり)

基礎と外壁材の境にあるのが水切です。金属製のものもあるので「水切り板金」とも呼ばれます。

基礎はコンクリートなので、吸水性があります。
外壁にあたった雨水が直接基礎に流れていかないように、「水を切る」役割があります。
板金なので、下塗りにさび止めを入れて塗装を行います。

 

換気フード

室内の換気のための穴をカバーするように取り付けてあるものです。
金属性のものやアルミ製のものがあります。
塗装のメンテナンスは、アルミ製の場合塗料がはがれてくるため塗ることができません。
換気フードに限らず、アルミ製の建具などは塗装ができません。

 

いかがでしたか?

このほかにも家にはいろいろな付帯部がありますが、主な付帯部をご紹介させていただきました。
それぞれの付帯部がどこにあり、またどのような目的で設置されているのかを少しでも分かっていただけたでしょうか?

業者さんがご自宅に来られる現地調査の際に、付帯部も破損・劣化がないかチェックをしてもらいましょう。
一緒に塗装することで美観性もアップしますし、全体のバランスを見ながらアクセントになるカラーを考えるのも楽しいですね

 


 

本店 淀ショールーム 営業中!
〒613-0915 京都市伏見区淀際目町226-2 

NEW伏見店 深草ショールーム  2021年9月グランドオープン!!
〒612-0829 京都市伏見区深草谷口町55-1

 0120-503-439
ご予約・お問合せはフリーダイヤルまたはWEBからどうぞ