塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

京都市A様邸 只今モルタル外壁 塗装中② I  宇治市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログ 2019.05.09 (Thu) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
昨日に引き続き、京都市西京区で作業中です。
本日から建物全体の外壁塗装をしていきます。
 
一般的に外壁塗装は下塗り中塗り(上塗り1回目)上塗り(上塗り2回目)の手順で進めていきます。
1日目なので、まずは下塗りから・・・。
塗料は微弾性塗料使用しています。
微弾性?と聞きなれない方もおられますよね。
 
モルタル外壁は現在主流になっているサイディング外壁と比べて、ひび割れが起こりやすいと言われています。
他の下塗り塗料に比べて伸びのよい微弾性塗料で、ローラーを使いひび割れ(クラック)などをしっかりうめていくことで外壁の下地調整の役割も兼ね備えています。
上塗り塗料との密着性に優れていますので、耐久性の高い保護膜を形成することができます。
 
建物の基礎部分や開口部分に塗料がつかないように、しっかりと養生もしています!

 
 

使用中のローラーはマスチックローラーですね。
外壁の表面にボコボコしたパターン(柄)をつける事ができます。
毛質のローラーと違い、立体的な網の目状になっており、このローラーに塗料のしみ込ませる量を調節することで、既存のパターンを生かす薄付けや、既存のパターンを消してローラー模様をつける厚付けなど、外壁の模様を作ることができます。
 


塗り達では、訪問見積り受付・ラインで無料見積りを受付しております。
ご質問等ございましたら、フリーコール・お問い合わせフォームを是非ご利用ください。