塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

塗料の選び方 I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達  

職人ブログ 2019.06.16 (Sun) 更新

みなさまこんにちは
 
本日は塗料についてのお話です。
 
ホームセンター等に行ってみると、たくさん種類がありますね。
一口に塗料といっても、どうやって選べばいいのかわからない…
そんな時は、それぞれの特徴を理解すると選びやすくなります。
 

 
 
 
油性塗料と水性塗料
油性塗料のメリットは、乾燥が速く、塗りやすいことです。
また、水性塗料に比べると、
艶のあるきれいな仕上がりになる
塗った後の腐食の進行も比較的遅い
同じ価格帯の水性塗料と比べて、塗膜が強い(はがれにくい)
といったことがあげられます。
 
そして、塗装する場所(素材)によって使い分けをする必要もあります。
金属や樹脂のような素材に塗った時の密着性は、水性より油性の方が強いです。
 
身近なもので言えば、みなさんのご自宅にもある水性ペンと油性ペン
書く場所や何に書くかによって、使い分けをしますよね。
同じようなことが、塗装の場合にもいえるのです。
 
 
油性塗料のデメリットは、1番はVOC(揮発性有機化合物:きはつせいゆうきかごうぶつ)が多く含まれていることです。
VOCはシックハウス症候群の原因の1つともいわれており、多量である場合、人体に影響します。
 
シックハウス症候群は、主に室内での空気汚染により引き起こされる様々な健康被害の総称です。
目やのどの痛み、咳、頭痛、めまい吐き気など多岐にわたります。
その原因は、建材や家具などに含まれる化学物質、カビ・ダニなどが代表的ですが、複数の要因が絡んでいることが多いので、特定するのがとても難しいのです。
 
また、油性塗料は臭いも残りやすく、発火のリスクもあり、取扱いには、十分な注意が必要です。
そして、希釈する場合は、シンナーが必要になるなど、水性塗料に比べるとコストもかかる塗料だといえます。
 
塗りやすくてきれいというメリット、においや発火のリスク、人体への影響というデメリットがあることを踏まえて、
塗装したい箇所によって適切な塗料選びが必要です。
 
 
塗り達では、フリーコール・訪問見積り受付・ラインで無料見積りがございます。
京都市・宇治市で外壁塗装をお考えの方は、是非お問い合わせ下さい。