塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

現場調査 ベランダ防水 I 京都市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログ 2019.10.10 (Thu) 更新

 
 
皆さんこんにちは(^^)
 
本日はご自宅のリフォームで見落としがちになる場所
ベランダ防水についてお話していきます。
 
先日、ご依頼を頂きお客様のご自宅へ現場調査へ伺いました。
 
ベランダの防水加工が劣化すると、雨水が下地に侵入して雨漏りを起こしてしまいます。
すると家の内部へと腐食して家全体の寿命を縮めてしまうことになりかねません。
 
ご依頼いただいたお客様のご自宅をご紹介していきます。
 

 
 
 
 
 
 
 
ベランダから水が回っている為、
外壁部分や幕板が腐食していました。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
ベランダ防水をかけ、幕板の交換工事が必要です。
 
皆さんのご自宅のベランダは大丈夫でしょうか??
 
ベランダは屋根と外壁と同様で紫外線や雨、風にさらされています。
床面には防水加工をしておりますが、
経年劣化をしていくと雨水がベランダの下地に侵入して雨漏りを起こします。
 
ベランダは建物とつながっているので
ベランダの劣化による雨漏れが、
最終的には家全体の問題にもなりえます。
 
頻繁に雨水が侵入していると、
建物木部の腐食が進み修繕費用もさらにかかります。
 
 
皆さんも外壁や壁ばかり確認ばかりせずに
一度、ベランダの確認も行いましょう。
 
 
では(^_-)-☆