塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

木材、木部塗装を行うときの注意点!l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.11.18 (Wed) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
 
今回は、板張りの壁やウッドデッキに見られる
「木部」での外壁塗装についてご紹介します。
 
外壁木部塗装(キシラデコール)2回目 小山市T様邸 |屋根・外壁塗装 ...
 
外壁塗装でも木材の特徴
木目はデザイン性を備える反面、
モルタルやサイディングなどの塗装と
比較すること「寿命は半分程度」といわれています。
ここでは、こうした理由を含めた
「外壁塗装における木材の特徴」を開設します。
 
*木部の塗装寿命が短い理由
 
一般的に外壁塗装で使われる塗装は、
塗装した面で固まり、
その部分に塗膜と呼ばれる保護膜ができます。
もちろん木部塗装でも同じように
「塗膜で保護」されますが、
木部の内部まで固まるというわけではありません。
内部では、木材の呼吸が繰り返されている状態です。
よって、表面の塗膜を剥が
そうとする働きが加わる結果、
外壁塗装に「ひび割れ」が生じやすくなります。
ちなみに、モルタルなどに見る
「木部以外の外壁塗装の耐用年数は約10年が目安」
になる一方、木部塗装の耐用年数は「3~5年程度」
が目安と言われています。つまり、
木部の塗装はっパン的な外壁材の
塗装工かと比較すると半減するため、
維持しにくいといえるでしょう。
 
■□木部塗装の一連の流れ□■
 
木部を塗装する際の作業日数は、
施工面積などにもよりますが、
一般的には3日前後といわれています。
ここでは、塗装前に施する「下地の調整」から、
仕上となる「上塗り」まで、
3つの工程に分けて解説します。
 
*下地処理
以前の塗料が浸透タイプであれば、
下地処理にて主に「汚れ」を除去します。
浸透タイプの塗料は剥がれや膨張などが
起こりにくいほか、重ね塗りも可能なため、
剥離作業などが少なく時間を取られないのが一般的です。
一方、以前の塗料が造膜タイプの場合は、
汚れ以外に「塗膜」も除去する必要があります。
造膜タイプの塗料は、
浸透タイプの塗料とは違い
「木部に強力な塗膜を形成する」ため、
剥離作業を要する結果、時間がかかります。
 
*下塗り
木目を生かす場合は下塗り塗料を施したあと、
乾く前に布で拭きながら全体に浸透させます。
下塗り塗料は、浸透タイプの2液油性などを
用いるのが一般的です。
逆に木目を消すのであれば、
水性の厚膜シ-ラ-をはじめ、
1液タイプのウレタンといった、
造膜タイプの塗料に適した下塗り塗料を使います。
 
*上塗り
浸透タイプの塗料を使う際は、
3回ほど上塗りをするのが通常です。
造膜タイプの塗料では細かい部分を先に塗り、
ムラに注意しながら2回ほど塗り重ねていきます。
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら