塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

アスファルト防水工法、ウレタン防水工法について Ι 京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2020.12.07 (Mon) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
●アスファルト防水工法

 
アスファルト防水とは、アスファルトのシ-トを
高温のバ-ナ-や接着剤を使って、
ベランダや屋上に貼って仕上げる防水工法ですが、
このアスファルト防水工事は戸建て住宅で
行われることはほとんどなく、鉄骨造の建物の
屋上で行われることの多い工法です。
アスファルトシ-トには、ト-チバ-ナ-と
いう器具でアスファルトを高温で炙って接着させる
「ト-チエ工法」や、高温の溶融窯で溶かした
アスファルトを使って防水シ-トを
床面に密着させる「熱工法」
裏面が粘着室になったシ-トを貼り付けて行う
「冷工法」の3種類があります。
 
●ウレタン防水工法

ウレタン防水工法は、ベランダの床面に
塗料を塗って防水層を作る工法で戸建住宅の
ベランダでも行われることも多い防水工事で、
他には「ウレタン塗膜防水」「ウレタン防水工事」
「液体防水」「防塵防水」などと呼ばれることもあります。
ウレタン防水工法にも2種類の方法が存在し、
それぞれ「密着工法」と「通気緩衝工法」
と呼ばれます。
「密着工法」ではウレタン防水剤などの
防水専用塗料を床面に合計3回塗布しますが、
1回目と2回目のあいだには補強布が敷かれ、
3回目の塗装が終わったあとは、
最後にトップコ-トを塗布して
防水層の完成です。
 
□■□まとめ□■□
 
ベランダは外壁や屋根に比べると、
点検や劣化を見落としがちな箇所ですが、
外壁材や屋根材と同様に、常に雨や紫外線に
晒されている屋根設備であることに変わりはありません。
そのため定期的な点検を行わなければ、
雨漏りや構造体の腐食など建物の耐久性低下に
つながる様々な劣化症状を引き起こしかねません。
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら