塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

ベランダバルコニーからの雨漏り l  京都府 宇治市 外壁塗装 屋根塗装 雨漏り 専門店 塗り達

職人ブログ 2021.01.14 (Thu) 更新

 
みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
 
雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーからも雨漏りが発生してしまうことをご存知ですか?
 
雨漏りをしているのにもかかわらず、そのまま放置してしまうと建物の劣化を引き起こす為、
 
早めの対策が必要です
 

バルコニーからの雨漏り

ベランダは外壁や屋根と同じく、毎日紫外線や雨風などの影響で傷んでいます。
 
さらに、ベランダは外壁や屋根と違い平面となっているので、雨が溜まりやすく流れにくい傾向にあります。
 
その様な点から考えると、劣化速度は一番早いかもしれません。。
 
 
ベランダからの雨漏り原因として多いものは、
 
①ドレン(排水溝)の詰まり
②笠木の破損
③防水層の劣化
 
の3点です。
 
 
①ドレン(排水溝)の詰まり


 
バルコニーには、バルコニー内にたまる雨水が流れていくように、ドレンに向けて勾配がついています。
 
しかし、雨水が流れると同時にバルコニー内に落ちている枯葉や木の枝、その他ゴミなどがドレン内に一緒に流れてしまうので、詰まりが生じやすくなります。
 
ドレンが詰まってしまうと防水層が劣化し剥がれなどの症状を起こしてしまうため、
 
そこから雨水が侵入→雨漏りという流れになるのです。
 
 
②笠木の破損


 
笠木とは、バルコニーの壁や立上り部分の上に、雨水を侵入させないように被せる部材のことです。
 
ここが破損したり、シーリングの劣化によってひび割れてしまうと雨水の侵入口となってしまいます。
 
 
③防水層の劣化


 
防水層は施す防水工事の内容によって耐久性が異なりますが、メンテナンスを怠ってしまうと全て劣化します。
 
防水層が劣化すると、膨れ・ひび割れ・めくれ・浮きなどの症状が起き、最終的に雨漏りを引き起こしてしまうのです。
 
 
いかかでしたか?
 
天井のシミなどを見つけたら、
ベランダやバルコニーもぜひ!チェックしてみてくださいね!!
 
↓施工前と施工後です。

こんなにきれいになりますよ.+゜
 


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。
 

 
塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら