塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外壁補修(クラック)施工の様子 | 京都府 宇治市 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達

職人ブログ 2020.03.02 (Mon) 更新

みなさまこんにちは!
京都市 外壁塗装 屋根塗装 専門店の塗り達です
 
本日は施工の様子をご紹介したいと思います。
モルタルの外壁の改修工事をさせていただきました。
クラックの補修も行います。
 

施工前です。
かなり大きなクラックが見られます。
モルタル壁は、乾燥や物理的な衝撃などで、ひび割れ(クラック)が起きやすく、そのままにしておくと割れ目から水が入り込んで、雨漏りの原因になったり、躯体が腐ったりします。
クラックの補修をしてから、塗装を行います。
 

まず下地処理をします。
コーキング材をクラックに充填し、プライマー(下塗り材)で固めます。
クラックの補修をしたのち、高圧洗浄をします。
 

つぎに下塗りです。
下塗りは、下地を強くしたり、塗料を下地に密着させる糊のような働きがあります。
また、さまざまな効果がある下塗り材があり、モルタルの外壁には、弾性フィーラーをお勧めしています。
今回使用したのは、「エスケー弾性プレミアムフィーラー」です。
こちらは、「ひび割れ追従性」をもつ下塗り材で、弾性性能を有する塗膜が既存塗膜に発生して いる微細なひび割れ、巣穴等をカバーすると 共に、ひび割れ追従性を発揮します。よく伸びるこちらの下塗り材を使用することで、新たなひび割れが起きにくくなります。
 

続いて、中塗り・上塗りです。
下塗りと合わせて合計3回塗りをします。
上塗り塗料は「プレミアムシリコン」を使用。
汚れが付着しにくく(低汚染性)、防かび・防藻性にも優れた塗料です。
マスチックローラーで仕上げていきます。
塗り残しがないようにすることはもちろん、均一な厚みをつける職人技です
 

施工完了です。
クラックもきれいになり、つやつやの仕上がりです。
 
 
いかがでしょうか?
モルタル壁は施工不良ではなく、どうしてもクラックが起きやすくなっています。
大きなクラックになると、塗料だけで改修するのが難しくなってきます。
建てて10年~15年ほどたってきますと、そろそろ塗替えの時期です。
 
お見積り・現地調査は無料です→ご予約はこちら
 
ぜひ、塗り達までご相談ください!!


外壁塗装 屋根塗装 のことなら京都市の塗り達へ何でもご相談ください。

塗装実績3000件以上
京都市 宇治市 八幡市 地域密着
外壁塗装 屋根塗装 専門ショールームオープン中!
 
お問い合わせは ⇒こちら
施工事例は   ⇒こちら
お客様の声   ⇒こちら