塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 職人ブログ

助成金の記事一覧

補助金 塗り達
2021年12月3日 更新!

【2021年度最新】京都にお住まいの方へ!京都の外壁塗装の助成金について|京都市、宇治市、八幡市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り専門店【塗り達】 

外壁塗装がお得にできる補助金・助成金まだ使えます!!(2022.1.14最新更新) 京都市、宇治市、八幡市の皆様こんにちは! 京都市・宇治市・八幡市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店塗り達です。 いつも塗り達の職人ブログをご覧いただきありがとうございます♪ ブログでは、外壁塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 ご自宅の塗り替えをお考えの方!ぜひご参考になさってください!   ★<宇治市>で外壁塗装をお考えの方はこちら★ ★<八幡市>で外壁塗装をお考えの方はこちら★ ★塗り達 ってどんな会社?  <会社案内>はこちら★ ★<塗り達が選ばれる理由>  専門店の強みはこちら★ ★わたしたちにお任せください! <スタッフ紹介>はこちら★ 外壁塗装を行う際に、自治体からの助成金や補助金が受けられることをご存知でしょうか? 各自治体によって、外壁塗装などの住宅リフォームを行う場合に、申請すれば補助金を受けられることがあります。 外壁塗装は、きちんとした工程を経て工事を行うと数十万円~数百万円と高額な工事代金が掛かりますので、少しでも補助が出ればとても助かりますよね。     助成金や補助金は、申請の際にいろいろな資料や複雑な手続きが必要である場合がほとんどですので、補助金の申請をお考えの場合は、事前にポイントを押さえておきましょう。     助成金と補助金 外壁塗装などの住宅リフォームに、国や自治体などから様々な助成金・補助金の制度があることをご存知の方も多いと思います。 必要な書類を揃えて申請することで、工事完了後に受け取ることができ、返済は不要です。 助成金と補助金、似たような制度ですが、違いがあります。 【助成金】 助成金は、給付の条件を満たしていれば誰でも受け取ることができるものです。 【補助金】 補助金には、受け取るにあたって審査があり、審査に通った場合のみ受け取ることができます。 助成金・補助金事業は国や自治体の予算があるため、予算を超えてしまうと要件を満たしていても制度を利用できません。   自治体によって、助成金の制度が異なり、受けられる場合があります。 助成金や補助金の制度は、各自治体が定めているため、 申請の為の条件や受け取ることができる金額は、お住まいの地域によって異なります。 また、お客様からの申請によって受け取ることができる制度ですから、工事が終わって自動的に適用されるわけではありません。 工事業者へ依頼・工事完了する前に、事前に申請が必要な場合等もあるので、制度のご利用をお考えの場合は、お住まいの自治体に事前に確認をしていただくようにしてください。 また、外壁塗装に関する助成金・補助金の制度を行っていない自治体もあるため併せてご確認ください。   塗装工事をすれば、自動的に補助金制度を使えるわけではありません。 外壁塗装で助成金や補助金を受けるためには、条件がある場合がほとんどです。 ですので、外壁塗装をすれば、自動的に制度を使えるわけではありません。 いくつかの条件と、申請に必要な書類をそろえて提出する必要があるため、制度の利用を検討されている場合は、早めに準備をしましょう。 補助金・助成金を受けるための手順と注意点 (京都市の場合) 京都市の助成金を例にして、手続きの手順を追ってみましょう。 簡単な流れは下記のとおりです。 ①工事の検討・見積。施工会社を決めて打ち合わせをする          ↓ ②申請期間中に自治体で助成金の申請を行う          ↓ ③自治体より決定通知書が届く          ↓ ④工事の契約をし、施工を行う          ↓ ⑤工事完了の報告書を自治体に提出          ↓ ⑥交付決定書および助成金額確定通知書が届く          ↓ ⑦指定口座に助成金が振り込まれる   以上が助成金を受け取るまでの簡単な流れになります。 必要書類も多く、施工に関しての記述は慣れない部分があると確認に時間もかかりますので、施工会社にあらかじめ申請について相談をされるとスムーズでしょう。(委任状で代理申請などが可能な場合もあります)   ①②③受付期間中かつ、契約前に申請を行う   助成金・補助金には申請できる期間が定められています。 これは、制度ごとに予算があるためです。また期間中であっても予算を使い切ると助成金・補助金を受けることができなくなりますので注意が必要です。   また、年間通して申請期間を設けているものもあれば、4月~12月までと期間を限定している場合もあります。  自治体のホームページ等で情報を集めておきましょう。  助成金を申請してみようと思ったら、「こういう工事をしますので、補助金を受ける申請をします」という手続きを、自治体に対して行います。この申請は、施工会社と契約する前に行わなければいけないことが多いので注意が必要です。  契約する施工会社を決め、補助金の申請を考えていることを伝えて、助成金対象の工事ができるのか、あらかじめ打ち合わせをしておきましょう。  申請内容を確認したのち、決定通知書が届きます。 ④⑤施工会社と工事の契約を行う  助成金対象の工事になっているかを確認してもらいましょう。  また、施工について図面の作成を行ったり、報告書をまとめるのに施工中の写真が必要になることがほとんどです。  施工会社には、これらの準備が必要であることを伝えて、写真の撮影などを依頼しておきましょう。 ⑥⑦助成金の受け取り  報告書を提出すると、自治体で補助対象の工事がきちんとされているかどうかの確認をされます。  申請通りきちんと工事がされていれば、補助金額の確定通知が出されます。  また、工事代金全額を振り込んでくれるわけではないので、完了報告の際に工事代金をきちんと支払っているという証明(領収書)が必要になります。   令和3年度(2021年)外壁塗装 補助金情報(2021年11月30日現在) 京都市では「省エネリフォーム支援事業」として補助金の申請を受け付けています。 令和3年度既存住宅省エネリフォーム支援事業   11月1日より、断熱改修(開口部の断熱改修・ドアの断熱改修・断熱材の設置・高断熱浴槽の設置)の工事について申請受付が開始されました!! 外壁塗装(屋根塗装)での補助金を受ける場合は、遮熱塗料での塗装が当てはまります。 ▲【令和3年度】京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業 表1-1 【メニュー1】 対象工事及び補助金額一覧(https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000197117.html)より   塗り達では、遮熱塗料として <外壁> 遮熱シリコン(クールタイトSi)、遮熱フッ素(クールタイトF) <屋根> 遮熱シリコン(クールテクトSi)、遮熱フッ素(クールテクトF) の取り扱いがございます。   これらの塗料は、「京都市が性能を確認済の製品」一覧に記載がありますので、遮熱塗料で施工の場合は補助金の申請が可能です。 ▲【令和3年度】京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業 性能を確認済の製品一覧 (https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/cmsfiles/contents/0000197/197117/210315_ichiran.pdf)より     遮熱工事の申請期間:令和3年4月12日( 月 )から令和4年3月1日( 火)まで           令和4年3月15日までに工事を完了し,かつ実績報告を行ってください。 となっており、工事完了・清算・報告書提出まで終わらせなくてはいけないことを考えますと、申請は早めに行っておくほうが良いでしょう。  ちなみに・・・  塗り達で施工している一般的な戸建て住宅の工事期間は、約2週間から1か月です。  ※天候や工事内容により異なります   また補助金事業は予算がいっぱいになると申請期限前でも締め切ることがありますので、申請をご検討の方はお早めに。   その他の条件として 京都市内の住宅で、施工会社も京都市内の事業者となっていますので、対象になるか確認しておきましょう。 ●補助対象住宅 以下の要件すべてにあてはまる住宅(延べ面積の1/2以上が住宅の用途に 供する併用住宅を含む。)が補助の対象となります。 ① 京都市内に存するもの ② 一戸建て又は共同住宅(長屋を含む。)の住戸部分※1住戸単位の申請となります。 ③ 現在居住中の住宅又は補助事業の完了後に速やかに居住する住宅 ④ 補助事業を実施する箇所について,以前,本補助金を受けていない住宅 ⑤ 補助事業を実施する箇所について,国又は地方公共団体から,省エネ改修に 関する同種類似の補助金の交付を受けていない住宅   ●市内事業者※が直接工事を請け負うか,下請負人として補助対象工事を行うことが必要です。 (令和3年度 既存住宅省エネリフォーム支援事業補助申請手続の手引 より抜粋) 最新情報はこちら 【令和3年度】京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業   お見積時にご相談ください! 京都市の「京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業」は、施工店と契約を結ぶ前に申請が必須となっておりますので、申請をご検討の場合はお見積り時にお申し出ください。 申請・報告書の作成などのお手伝いをさせて頂きます。 (※建物の所有者であることを示す書類や、住民票など一部お客様にご用意いただく書類がございます) お問い合わせはこちら   火災保険などご加入の保険を使うことができる場合もあります。 現在は京都市内の建物にのみ補助金の申請が可能ですが、ご加入の火災保険など保険を使って修繕などが可能な場合もございます。 こちらもお見積り時にご相談いただければ、可能な限り申請のお手伝いをさせて頂きます。   いかがでしたか? 助成金・補助金を有効に使えれば、お家のメンテナンスの金銭的な負担がすこしだけ軽くなりそうですね。 ご相談・見積依頼は塗り達まで☆ ~塗り達 は京都市・宇治市・八幡市 に地域密着~ 外壁塗装・屋根塗装・雨漏りなど住まいのお困りごとやメンテナンスは塗り達へ   施工実績3400軒以上!!  塗り達の施工事例はこちら     <お客様の声>は私たちの宝物です。 たくさんの激励のメッセージ・ご意見をありがとうございます!   外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店 塗り達  ショールームへぜひお越しください! <来店予約>はこちらから ご相談・現地調査・劣化診断・見積はすべて無料にて行っております 0120-503-439またはメールフォームよりお問合せくださいませ 京都市内に2店舗!塗装ショールームに遊びに来てください!! 塗装のことがよくわかるブース・塗り板のサンプル・体験コーナーなど京都市最大級のショールームに お気軽にご相談にお越しください♪   営業時間:9:00~18:00  毎日元気に営業中!! (年末年始を除く)    お問い合わせは、 0120-503-439  メール問い合わせも受付中   【本店】 淀ショールーム 〒613-0915 京都市伏見区淀際目町226-2 来店予約する   【伏見店】 深草ショールーム   〒612-0829 京都市伏見区深草谷口町55-1 来店予約する   ★<宇治市>で外壁塗装をお考えの方はこちら★ ★<八幡市>で外壁塗装をお考えの方はこちら★ ★塗り達 ってどんな会社? <会社案内>はこちら★ ★<塗り達が選ばれる理由>  専門店の強みはこちら★ ★わたしたちにお任せください! <スタッフ紹介>はこちら★

MORE